偽りの封印
   投稿時代の習作をちょっといじったものです。暇つぶしにでもなれば幸いです。
   あんまり期待せず軽い気持ちでお読みください(その割に長いですが)。
   もし、別の場所で見た人がいたら凄い偶然です。その方は仁木健デビュー以前からの読者様です。
   いるのかなあ、そんな人。

   
プロローグ・1章

          
2章

           3章

          
4章

          
5章
          
          
6章
 

   作品解説
   自著の作品解説です。
ネタバレがあったりするというかネタバレしかないのでご注意ください。 
    
Add 機械仕掛けのホムンクルス

    Add 機械に捧ぐレクイエム

    Add 機械の息子(短編)

    Add 機械の謳うララバイ

    
Add 機械達のロマンス(短編)

    Add 機械が嗤うスケルツォ

    
Add 機械の党大会(短編)

    Add 機械の息子(短編集)

    
Add 機械の子供(短編)

    

 

戻る

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO